クリエイティブコンサルティング STUDIO CLOPPAR

印刷やホームページの事でお困りの方はご相談下さい

便利な小ネタ

複数のメールアドレスをGmailで一括管理する

複数のメールアドレスをGmailで一括管理する

Gmailは無料でメールアドレスが取得できて、かなり高性能な迷惑メールフィルタが利用できるなど、とても快適にメールの管理ができます。パソコンはもちろん、スマートフォンでもチェックできるので、かなり便利ですよね。
そんな便利なGmailを更に便利に使っちゃおう!というのが今回のテーマです。

  • 複数のメールアドレスを一括管理できる(プライベート用、仕事用など)
    ※独自ドメイン、プロバイダ、フリーメールなどでもOKです
  • ひとつのGmailアドレスを別のメールアドレスとして利用できる

では、実際に複数のメールアドレスを一括管理する方法と設定の仕方を解説していきます。

一括管理したいメールアドレスをGmailに転送する

例として、test-mail@cloppar.com(以下、test-mail@〜)に届いたメールをGmailに自動で転送するように設定します。(人によって画面は異なりますがプロバイダーやサーバ会社などのホームページからログインして、メールの「設定」に転送項目があるはずです)
メール転送画面
①転送先にGmailアドレスを指定
②転送後の処理を設定
・メールをサーバに残さない:転送元の受信ボックスにメールは残さず、転送先の受信ボックスにメールを残す
・メールをサーバに残す:転送元と転送先、両方の受信ボックスにメールを残す

基本的に設定はこれだけです。
他にも一括管理したいメールアドレスがある人は上記を繰り返します。
また、試しに自分から自分にメールを送って、ちゃんとGmailで受信できるか確認しておきましょう。(下記画像は別のメールアドレスからtest-mail@〜に送信したものです。宛先(To)がちゃんとtest-mail@〜になっていますね)
Gmail転送確認
が、しかし!これだけだと問題があります。
メルマガなど受信専用で返信はしないメールアドレスであればよいのですが、返信が必要なメールアドレスの場合はGmailに届いたメールに返信をすると、送信者(From)がGmailアドレスになってしまうからです。
Gmail返信確認
test-mail@〜にメールを送ったのに、返ってきたアドレスがGmailアドレスになっているとメールを送ってきた相手が混乱してしまいますよね。
そこで、返信アドレスもtest-mail@〜になるように設定しておく必要があります。

返信アドレスもtest-mail@〜になるように設定する

  1. Gmailにアクセスして、右端にある「歯車」アイコンをクリックして「設定」を選択
  2. Gmail設定

  3. 「アカウントとインポート」タブの「メールアドレスを追加」をクリック
  4. アカウントとインポート

  5. 別ウィンドウが開くので、メールアドレスを入力して「次のステップ」をクリック
    ※名前欄は相手に表示される名前です。
    ※「エイリアスとして扱います。」はチェックを入れておきましょう。
  6. アドレスを入力

  7. SMTPサーバを入力して「アカウントの追加」をクリック
  8. ※SMTPサーバとは、メールを送信する際に使うサーバのことです。
    プロバイダのメールアドレスであれば、契約時にもらったログイン情報などが書かれている設定の書類、独自ドメインであればサーバーの設定画面などに記載されています)
    ※ポートは基本的に「465」か「587」のどちらかで問題ないと思います。(次の画面に進める方です)
    SMTPサーバを入力

  9. 本人確認のために「確認コード」がメールで送られてくるので記載されているコードを入力して「確認」をクリック
  10. 確認コードを入力
    または、届いたメールのURLをクリックしても承認されます。
    URLをクリックした場合は「確認コード」を入力する必要はありません。
    確認メール

  11. 「アカウントとインポート」タブにメールアドレスが追加されていれば完了です。
  12. メールアドレス追加完了
    ちなみに追加したメールアドレスでメールの送受信をすることが多いなら「デフォルトに設定」をしておくと便利です。

追加したメールアドレスでメールの送受信ができるか確認しておこう!

無事にメールアドレスが追加できたら、試しに自分にメールを送ってみましょう。
まずは、左上の赤い「作成」ボタンをクリックします。
メール作成
新規メッセージ作成画面が出たらFromのメールアドレスの一番右にある▼をクリックします。(最初はデフォルトに設定しているメールアドレスが表示されているはずです)
新規メッセージ作成画面
先ほど追加登録したtest-mail@〜のメールアドレスが表示されると思うので、選択してメールを送ります。ちなみに、相手がtest-mail@〜に送ってきたメールに返信する場合は自動でtest-mail@〜になっているはずです。

こうやって、私は複数のメールアドレスをGmailで一括管理しています。
メルマガなど受信するだけで返信はしないメールアドレスも全てGmailに転送することにより、複数のメールアドレスを持っていてもGmailにアクセスすれば全てのメールがチェックできます。(返信が必要なメールアドレスだけ追加登録しています)

それに、インターネットが繋がる場所であれば、パソコン・スマートフォン・タブレットなど、端末を問わずにどこでもウェブブラウザでメールのチェックができるので、各端末ごとにメールアカウントの設定を行わなくてもよいのも利点ですね。
※スマートフォンやタブレットであればアプリからもチェックできます。

次回もGmailの意外と知られていない、便利な小ネタをご紹介したいと思います。

注意:ここに記載している情報は投稿当時のものです。
今後Googleの仕様変更等により使えなくなる可能性がありますので予めご了承下さい。

コメントを書く

*

CAPTCHA


Facebookにコメント

Return Top